スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県彦根市 LinkStation LS-Q1.0TL/1D データ復旧後のフォロー対応

本日はとある事情から新幹線で滋賀県へ向かっております。

事の発端ですがつい先日郵送でBuffaloLinkStationのデータ復旧のご依頼をいただきました。

データ復旧まで滞りなく作業が進みいざ納品というタイミングでうっかりが。。。。

後日お客様より
「納品された荷物に肝心のデータが入っていないのだが?」
とご申告をいただきました。

なんと一番重要な復旧したデータが保存されたHDDを同梱する処理ですが当店担当者
が漏らしてしまったのです。

本来であればこのような失態は合ってはいけないのですが、起きてしまったことは巻き
戻しようがありません。

お客様へは事情を説明し翌日AMの便で発送する旨をご案内。





しかしお客様は該当データを明日AMにでも使用したいと強く仰っております。

発送先が滋賀県ですので栃木県からAM枠での発送では翌日以降の到着となってしまいます。

かといって自動車で向かうにも距離があり到着時間が読めません。

・ ・ ・ 究極の選択 ・ ・

結果宇都宮から始発列車で乗り継ぎ朝6時台の新幹線で滋賀県へ向かうことに。

上司からの大抜擢で旅好きな私に白羽の矢が当たったのでした。

宇都宮駅始発4時台の普通列車で東京駅を目指します。
東京駅からは東海道新幹線でとにかく西へ。

寝ぼけ眼を擦りながらホームで駅弁を物色。

IMG_9154.jpg

普段朝食はとりませんが、久々の新幹線ですから奮発して駅弁を購入。

私の座席の周りは東京から名古屋や新大阪へ向かうビジネスマンばかり。

周囲の目を余所に遠慮がちに駅弁を口に運びました。


途中名古屋でのぞみ号からこだま号へ乗り換え滋賀県の米原(まいばら)へ。

こだま号はのぞみ号と違い社内が空いておりどこかのんびりとした雰囲気が流れておりました。

後になって気づきましたが駅弁を食べるならこだま号の方が良いかもしれません。


米原駅から更に乗り換えて東海道線で彦根駅へ向かいます。

そうですお客様の事務所は滋賀県彦根市なのです。

仕事でなければ初彦根ということでビールでもひっかけながら観光気分といったところなのですが
本日はお客様へのお詫びと納品という重要な責務を会社から任されております。

仕事モードのスイッチを最後まで外すわけにはいきません。


DSC_0198.jpg
彦根駅前のオブジェクト。
早速ひこにゃんがお出迎えしてくれています。

ひこにゃん効果でしょうか?
駅から彦根城方面へ向かう方は若い方が多いような気がしました。

一応念のため紹介を
ひこにゃんとは彦根市が誇る日本を代表するゆるキャラです。
老若男女多くの世代に愛されているキャラでございます。

hiko.jpg


お客様宅にお伺いした際に多くのお宅に関連グッズ(ぬいぐるみやアクセサリーなど)が
飾られているのを目にしてきております。

遠く栃木県までひこにゃんの勢力が及んでおり地元のゆるきゃら達は戦々恐々として
いるのではないでしょうか?


さてお客様の事務所は駅からタクシーで20分ほどの場所になります。

普段であれば徒歩で向かう距離ですが、今回ばかりは特別です。

一分一秒を争いますので。





IMG_0859.jpg
今回データ復旧を行ったBuffalo社のLinkStation LS-Q1.0TL/1D
内蔵HDDを4台搭載可能なRaid0、1、5に対応したNASになります。

今回は幸いLinkStation本体のロジックボード部の損傷であったためHDDは無傷でした。
そのため短期間でかつ高い精度でデータ復旧を行うことに成功したのです。


IMG_0863_201709120153165c4.jpg
復旧されたデータが保存された外付けHDD
復旧されたデータの容量はざっと1TBほど。

当店では他店様と違い復旧するデータの容量によって作業料金が増加することはございません。
この点も多くのお客様から高い評価を得ている当店の強みとなります。



・ ・ ・ ・
・ ・ ・
・ ・



お客様へのデータお引き渡しの時間は正に緊張の連続でした。
こちら側のミスを正直にお詫びし言い訳など一切いたしません。

却ってお客様からはまさか本当に宇都宮から始発列車で彦根まで来るとは
半ば思っていなかったようで実際データを手にして夢をみているかのようだと
おっしゃっておりました。


さて時計を見ると時刻は10:20を少し回ったところ。

彦根駅を降りた時から気になっていた彦根城へ行ってみたいという誘惑が
ムクムクと沸き起こってきてしまいその気持ちを静止することはもうできません。


スマホで調べてみると10:30より彦根城博物館でひこにゃんのイベントが行われようです。

急いで彦根城へ。





DSC_0212.jpg
彦根城へ通じる入口です。
私以外にも多くの観光客が皆同じ方角へ向かっております。
お目当てはひこにゃんでしょうか?


DSC_0221.jpg
奥に見えるのが彦根城博物館です。
ここでもひこにゃんがお出迎え。

この中でひこにゃん出演のイベントが行われるのです。
ひこにゃんのイベントまでは無料で見ることができるのが嬉しいところ。
なんでも熱狂的なファンはほぼ毎日通っているのだとか。。

ひこにゃん: http://hikone-hikonyan.jp/


DSC_0235.jpg
午前のショーは10:30から始まっていたため少し遅れて会場にイン。
あいにく最前列は確保できませんでしたが、後方の眺めのよいスポットが空いていたため
すかさず移動。

周りを見渡すとお子さん連れの方々や若い女性のお客さんが多く私のようにスーツ姿で
見ているものは誰一人としておりません。
すごく場から浮いておりますがこの際そんなことは気にしていられません。
楽しんだもの勝ちです。


DSC_0239.jpg
両手で羽ばたく仕草をするひこにゃん。
観客が飽きないよう実に様々なポーズを次々に決めていきます。
体操の競技であれば高得点間違い無しでしょう。



DSC_0253.jpg
アシスタント兼司会のお兄さんから小道具を次々に受け取り様々なポーズを決めていきます。
そして現在手にしているのは大きなハート形のクッションでしょうか?
イチゴに見えなくもありませんが違います。


DSC_0264.jpg
新たな小道具をアシスタントのお兄さんから与えられました。
なんと刀。
しかしご安心を木刀のようです。

ここでひこにゃんの下あごに注目。
わかりますか?
そう毛羽立ってきているのがお分かりになりますでしょうか?

DSC_0268.jpg


DSC_0272.jpg
ツボに嵌ったのが定期的にアシスタントさんが毛羽立ったひこにゃんの下あごをブラッシング
していたこと。

しかしアクティブ動くひこにゃんの前ではブラッシング効果は長続きしません。
またすぐに毛羽立ってしまします。


DSC_0292.jpg
ショーが終わり急いで会場から出るひこにゃんを出待ちします。
こちらを見るなり丁寧にお辞儀をしてくれました。
感激です。


DSC_0294.jpg
アシスタントのお姉さんに連れられ会場を後にするひこにゃん。
Thank you ひこにゃん。 Forever ひこにゃん。
楽しい時間と空間を提供してくれてありがとう。


ひこにゃんとの楽しいひと時もあっという間に終わり少し寂しいような複雑な心境に。

この後は定番コース彦根城天守閣を見ることにしました。

博物館のすぐ近くに入場券の販売所があります。
ちなみに彦根城の入場券は1,000円します。
※国宝・彦根城築城410年祭終了後(平成29年12月11日以降)は600円に戻ります。

DSC_0334.jpg
彦根城は国宝に指定されている日本に12存在する現存天守の一つです。

天守閣は3階建てと決して大きくはありませんが黒い瓦屋根と白い外壁のコントラストが美しいの一言。


DSC_0337.jpg
天守閣前で
ここでもひこにゃんの置物(立て看板)が。

DSC_0339.jpg
天守閣を南側より眺めたところです。

DSC_0345.jpg
天守閣屋上から東側の展望
彦根市街が一望できます。

DSC_0349.jpg
天守閣屋上から南西側の展望
市街地の奥に見えるのが日本一の湖である琵琶湖です。


DSC_0354.jpg
天守閣屋上から西側の展望
奥に見えるのは海のように見えますが琵琶湖です。





彦根城: http://hikone-410th.com/

彦根城を十分に満喫し充電完了。

夕方には宇都宮へ戻らなくては行けないため駆け足的に彦根を背に帰路へ付きました。

次回来るときには日帰りではなくゆっくり観光で訪れたいものです。

当店パソコンサポートPCわんだではお客様がお困りであれば、遠く関西へも出張いたします。
今回のようにフォロー対応で無料でお伺いさせていただくことも躊躇いたしません。

お困りの際には地元の業者様と合わせて比較検討していただければ幸いです。


滋賀県彦根市でBuffalo社のNAS TeraStation、LinkStationの起動不可によるトラブル、データ復旧などで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村
スポンサーサイト

栃木県佐野市 Buffalo TeraStationのWebAccess設定、NTTルーターOG810Xaのポート解放

外出先から社内や自宅のPC、サーバー、NASへアクセスする手段は様々ですが
以前はVPNなどの専用回線を利用しなければ接続できませんでした。

その後インターネット技術の進歩とサービスの低廉化により固定IPDDNSを利用することで
安価にリモートアクセスサービスを利用することが可能となりました。

しかし現在では一切ランニングコストを掛けずにこのリモートアクセスサービスを利用できるの
ですから時間の流れ技術の進歩にはただ驚かされるばかりです。

今回は外出先から事務所に設置したファイルサーバーとなるNASへのリモートアクセス
お困りのお客様よりお問い合わせをいただきました。

お客様のお住まいは栃木県佐野市
佐野市といえば佐野ラーメンが有名ですが、個人的にはいもフライも捨てがたいです。

群馬、佐野、足利エリアに多いコンビニ「セーブオン」さんのホットスナックコーナーにある
いもフライにはいつも空腹時に小腹を助けてもらっております。
ソースを少しかけたものがお気に入りです。

・ ・
・ ・
・ ・
・ ・
・ ・

さて本題に戻ります。

お客様はBuffalo社のNAS TeraStationをご利用で、これまでは社内のPCのみでの運用を
されておりました。
しかし調べてみるとTeraStationには外出先からファイルへアクセス可能な WebAccess なる
優れた機能があることを発見。

ご自身で試行錯誤の末設定をされたのですが、どうやっても外出先からはアクセスできず当店
に出張サポートのご依頼をされたといういきさつがございます。

TeraStationに限らずBuffalo社のNASには外出先からファイルへリモートアクセス可能な
WebAccessという機能が備わっております。
もちろん設定さえすれば月々の費用など一切かからないというのですから太っ腹です。

しかし設定を行うには次の条件を満たす必要がございます。

1.TeraStation、LinkStation本体の管理画面よりWebAccess機能が有効になっている必要がある。
2.BuffaloNAS.comネーム の登録を行う必要があります。
3.スマホなどからWebAccessを利用される際には専用アプリWebAccessをインストールする必要
 がある。
4.ご利用のブロードバンドルーターのポート解放(ポートフォワーディング)を行う必要がある。

特に上記4のポート解放がご利用のルーターによっては躓きやすい箇所となります。

Buffalo WebAccess : http://buffalo.jp/products/digitalkaden/mobile/app/webaccess-win/

客先の環境を調べてみるとやはり設置されているルーターが一般に流通しているものとは
異なるタイプでした。

IMG_0449.jpg
NTTのひかり電話オフィスタイプ対応のルーター OG810Xa
ビジネスホンでのひかり電話利用に対応した法人様向けの機器です。

そのため一般的な個人ユーザーの方がお目にする機会はそうそうありません。

お客様へヒアリングをとってみるとやはりこのルーターへのポート解放(ポートフォワーディング
は実施していないとの回答でした。

業務用ルーターということもあり管理画面へアクセスするには度胸が必要となりますが、一応
付属のマニュアルに従えば管理画面へアクセスすることは可能です。

ログインパスワードが不明だからと言って安易にルーターの初期化だけは行わないで下さい。
ビジネスホンが接続されている可能性がございますので電話が利用できないなどの大問題に
つながる恐れもありますので。。。

ポート解放を行うにあたりご利用のルーターやメーカーなどによってこの項目名が千差万別
実に様々な名称が設けられております。

通常NTTのルーターですと
「静的IPマスカレード設定」と記載されている場合が多いのですがこちらの機種では異なるようです。
「IPv6/IPv4トランスレーター設定」を記載されておりました。
表記が異なりますため見逃しがちになりますので目を凝らして注視してみてください。

他機種のルーターですと
「IPNATマスカレード設定」や「ポートフォワーディング設定」と表示されている場合もございます。

この辺の表記については厳格な統一はないため慣れるまでは苦労しそうです。

上記の「IPv6/IPv4トランスレーター設定」設定項目にWebAccess用に設けたローカル側のIPアドレスと
ポート番号を投入。

後は設定を反映させるためにルーターを再起動させるのみです。
※ルーターの再起動に伴いひかり電話の通話が切断されますのでご注意ください。

後はWebAccess先となるTeraStation側の設定を確認していきます。


お客様自身でWebAccessの設定を途中までされていらっしゃるとのことでしたが念のため
TetaStation管理画面より現在の設定状況を確認させていただきました。

Webaccess01.jpg
TeraStation管理画面へアクセスし、WebAccessの設定項目を開いていきます。


Webaccess02.jpg
Buffalo社の提供する無料のリモートアクセスサービスである
BuffaloNAS.comサービスの登録状況の確認画面です。

こちらも確認する限りでは問題なく登録は済んでおります。

現にローカルのLAN内ではWebAccessができているのですからこの辺は問題無しと判断いたしました。

外出先からのアクセス状況を確認するためPCを1台あえて社外へ持ち出しポケットWiFiを利用して
インターネット接続。

Webaccess03.jpg
ブラウザを開き上記で確認したBuffaloNAS.comネームとキーを入力します。


Webaccess04.jpg
きちんとブラウザを通し、社内へ設置したTeraStationのファイルを開くことができました。
これにはお客様も大喜びのご様子でした。
半年間悶々とした霧が払しょくされ実にスッキリしたとのコメントをいただきました。


最後にスマホからもWebAccesされたいとのリクエストをいただきましたので折角ですから
こちらはサービスで作業を承りました。

ご利用のスマホはiPhone6

App Storeへアクセスし、Buffalo社提供のWebAccessアプリをダウンロード。
念のためアプリは無料で公開されております。

Webaccess05.jpg
インストールしたアプリを開き画面内の「LinkStation/TeraStation」メニューをタップします。

BuffaloNAS.comサービスで登録したご自身のNAS名とキーを入力します。

Webaccess06.jpg
問題がなければ画像のようにTeraStationのサムネイルが表示されます。

これでPCとスマホの両方からのWebAccessが可能となりました。

WebAccessは便利な機能ですが使い方を誤ると不正アクセスにより重要ファイルの流出などに
つながります。
必ずアクセスする際のキーは単純明快なものは避けるよう設定を行ってください。

可能であればアクセス先となるNAS側でアクセス制限などの設定を不可してあげるなどの
対策も有効な手段です。


参考までに今回作業で発生した費用です。
WebAccess設定作業料  9,450円        
割引             ‐1,000円
合計             8,450円
※作業時間1.5時間以内での作業料金となります。
※WebAccessのアクセス確認の検証作業も含めた金額となります。


・ 
・ 




宇都宮へ戻る前に少しだけ寄り道を

佐野市で寺社仏閣といえば佐野厄除け大師が有名です。
各種メディアでも宣伝されておりその知名度はすでに全国区。

今回訪れた佐野市の赤見地区には知る人ぞ知る名所磯山弁財天がございます。

磯山弁財天はすぐ近くに環境省認定の日本名水100選にも選出された出流原弁天池があります。
勿論栃木県の天然記念物にも指定されております。

そんな隠れた名所である磯山弁財天を参拝して参りました。

DSC_0166.jpg
磯山弁財天の正門。
朱色の門が美しいです。


DSC_0169.jpg
門を抜けるとやや急な石段の洗礼が待ち構えております。
段数はそれほど多くないのがありがたかったです。

DSC_0182.jpg
石段を抜けると境内が目に入ってきました。
正門同様朱色が主体となっております。

磯山弁財天は日本の神社建築でも珍しい懸(あがた)造りといわれる神社建築で作られております。
また高台の上に境内があるため天気のいい日には素晴らしい眺望が期待できます。


DSC_0186.jpg
境内に掲げられていた彫刻です。
彩色も素晴らしくしばし見とれてしまいました。


DSC_0188.jpg
大蛇の石造

弁財天様は七福神の一人でもあり蛇や竜の化身という言い伝えがあります。
そんなことから磯山弁財天にも磯山の大蛇として、蛇の石造やオブジェクトなど多数見られます。

無事参拝を終え宇都宮への帰路に着きました。


佐野 磯山弁財天 : https://www.tochigiji.or.jp/spot/6189/


栃木県佐野市でTeraStation、LinkStationのWebAccess、リモートアクセス、業務用ルーターのポート解放などで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村



栃木県大田原市 Buffalo LS-WX4.0TL/R1 内蔵HDDエラー発生後のディスク交換作業

栃木県大田原市
栃木県北部の中心都市でかの松尾芭蕉那須与一ゆかりの街としても有名です。
また市内には大学もあり若者も多いのが特徴。


栃木県大田原市

今回は大田原市にお住いのお客様よりBuffalo社のNAS LinkStationでトラブルが発生したとのことで
即日対応させていただきました。
※当店では即日対応でも競合他社様と違い割増料金などいただきませんのでご安心ください。

お問い合わせくださったお客様のお住まいは大田原市旧湯津上村となります。

ご存じの方も多いとは思いますが念のため
大田原市は2005年に平成の大合併で旧黒羽町、旧湯津上村を編入して現在の形になりました。
これにより栃木県からは行政単位での村がすべて消失してしまったのです。






さてお客様からの問い合わせの中で判明している情報を整理すると
1.利用しているLinkStationは LS-WX4.0TL/R1

2.PC側にインストールされているNAS Navigator2にだいぶ前から
 「Raidアレイのエラー状況を調査中です」
 という表示が頻繁に出るようになった。

3.PC側にインストールされているNAS Navigator2に少し前から
 「ディスク1にエラーが発生しました」
 という表示がPC起動のたび毎回出るようになった。

上記のエラーメッセージから察するにHDDが故障しデータが消失するのではと
かなり心配されていらっしゃいました。


////////////////////////////////////////

以下お客様からいただいたLinkStationで発生したエラー画面の画像です。

PCに表示されたLinkStationの状態や接続を管理するBuffalo社公認のソフト
NasNavigator2

LinkStationと接続されたPCには漏れなくインストールされております。
お客様が用意されたPCの画面上にははっきりと

IMG_3896.jpg
LinkStationの情報通知
「1番のRaidアレイのエラー状況を調査中です」
とのメッセージが表示されております。

IMG_3895.jpg
LinkStationの障害通知
「ディスク1にエラーが発生しました」
とのメッセージが表示されております。

ここからわかるように内蔵にされている2基のHDDの内1台に物理的な障害が発生した模様です。


////////////////////////////////////////


ls-wx40tlr1-02.jpg
お客様がご利用のBuffalo製のNAS LinkStation LS-WX4.0TL/R1
2TBのHDDを2基搭載、Raid0/1に対応したNASとなります。


IMG_3578.jpg
HDDの交換は容易にできる設計になっております。
全面のカバーをこじ開けると直ぐに内蔵のHDDが確認できます。
同じBuffalo社の上位NAS TeraStationですと鍵で施錠されていたりと若干ハードルが引きあがります。


IMG_2085.jpg
故障したHDDの交換のために用意したHDD
WD製のWD20EZRZ
2TBと大容量のHDDとなります。

TeraStationやLinkStation内蔵のHDDに障害が発生した場合Buffalo社からもHDDを入手可能ですが
非常にお高い値段設定になっております。

HDDの仕様さえ満たされていれば純正品にこだわる必要はありません。
他社の互換品であれば大幅にコストを抑えることが可能です。

今回の事例のようにTeraStation、LinkStationの内蔵HDDに障害が発生しました場合ですが
原則現地対応が可能です。
機密データの記録された大事な機器をお預かりすることなく迅速に対応することが可能です。
この点が実に評価されNASをご利用のお客様から実に多くのご依頼をいただいております。
※但しRaid0環境の場合は除く。

尚当店ではTeraStationの内蔵HDDには障害が無く電源部、基盤部の故障で起動
できない場合でもデータ復旧は可能です。

同業他社様と比較しリーズナブルな価格帯での復旧が可能ですのでお困りの方は
お気軽にご相談ください。

参考までに今回作業で発生した費用です。
LinkStation HDD交換Raid再構築作業料  8,400円        
交換用HDD機器代(2TB)             8,640円
割引                        ‐1,040円
合計                         16,000円
※作業時間1.5時間以内での作業料金となります。










さて大田原市まで来たのですからこのまままっすぐ帰ったのでは勿体ありません。
以前から気になっていたなかがわ水遊園を訪れてみることにしました。

なかがわ水遊園ですが、淡水魚に特化した水族館として有名です。
海無し県である栃木県に水族館があること自体意外と思われがちですが、川や湖などで
淡水魚の養殖などに力をいれているのはご存知でしょうか?

県内の淡水魚のオールスターチームがこちらの水族館でご覧いただけるのです。



DSC_0030.jpg
広い駐車場に車を停めて少し歩くと見えてきました。
池の先に見える建物こそなかがわ水遊園です。
正面の池には大量の鯉が泳いでおり、人が近くづくとエサがもらえると学習しているのでしょうか?
すかさず寄ってきます。
その数には驚くこと間違いなしかと。

建物は屋根部分がガラスでより太陽の光を取り込む開放的な造りになっております。

そしてなかがわ水遊園の魅力はそのお値段の安さ。
通常水族館の入場料は軽く1,000円を超えることがザラです。
中には2,000円近くすることも。

しかしこちらの水族館は大人600円、子供250円
と財布にやさしいものとなっております。

それではいざ館内へ!


DSC_0036_20170830223338b8f.jpg
渓流の主役 ニッコウイワナ
きれいで冷たい水を好み、真夏でも13~15℃程度にしかならない場所に生息しています。
ニッコウイワナがいる河川は綺麗であることの証でもあります。


DSC_0049_201708302233407a9.jpg
ニゴイ
名前の由来が面白いです。
コイに似ていることから「似鯉」と呼ばれるようになったのだとか。
日本固有の淡水魚です。

DSC_0061_20170830223341639.jpg
こちらは海に生息する魚マアジです。
意外と泳ぎが速いので撮影するのが大変です。


DSC_0062.jpg
なんとサメもいました。
しかしこちらのサメからは恐怖は感じられませんでした。
大きさが恐怖感に関係してくるのでしょうか。


DSC_0067.jpg
シマイサキの仲間であるコトヒキ
縞模様が綺麗な魚です。
南方の温かい海域に生息している魚です。

DSC_0068.jpg
海のギャングことウツボ。
なかがわ水遊園では海にすむ魚たちも展示されているので実に多くの魚たちを垣間見ることができ
興味が尽きることはありません。


DSC_0072.jpg
ヤシオマス
模型のように見えなくもありませんが、本物ですよ。
元気に泳いでいる姿を見ることもできました。


DSC_0078.jpg
ソウギョ
草魚とも呼ばれます。
コイ科の魚で主に水生植物を食します。


DSC_0081.jpg
こちらもソウギョ


DSC_0082.jpg
奥日光中禅寺湖の魚たちゾーン
ヒメマスなどのサケ科の魚たちの群れは圧巻です。


DSC_0085.jpg
同じく奥日光中禅寺湖の魚たちゾーン


DSC_0089.jpg
ミヤタナゴ
コイ科の魚でやや体長6cmほどの小型の魚になります。


DSC_0097.jpg
イトウ
日本最大の淡水魚として知られるサケの仲間です。
レッドデータブックで絶滅危機種にも指定されており保護の対象になっております。
誤って釣ってしまった場合はキャッチアンドリリースが励行されているようです。

DSC_0108_20170830223504cae.jpg
アマゾンに住むナマズの一種レッドテールキャット
アマゾン大水槽アクアコリドール ゾーンで見ることができます。



DSC_0127.jpg
魚ではありませんが、なんとカピパラもいました。
こちらのカピパラは茨城県の日立市かみね動物園より譲り受けたそうです。

通常カピパラは群れで生活しているので1匹しかいないのは少しさびしい感じがしましたが。

淡水魚メインの水族館ということで展示も工夫されており時間にして約1時間30分ほどでしたが
十分楽しむことができました。

大田原市へ観光で来られた際にはぜひ足を運んでみてください。

魚たちとのふれあいコーナーもありますのでお子様連れの方へは特におすすめいたします。




なかがわ水遊園 : http://tnap.jp/




栃木県大田原市(旧湯津上村)でBuffalo製NAS TeraStation LinkStationの設置設定、HDD交換、データ復旧などで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村



福井県越前市 Nikon製D3400利用のSDカード 水没した状態からのデータ復旧

最近ではデジタルカメラの記録媒体といえばSDカードが主流ですが、このSDカードはHDDと違い
落下などによる衝撃には強いのですが、何分電気信号でデータを記録するためちょっとしたことで
データが消失することもございます。

今回はこのデジカメで利用していたSDカードを愛用のカメラから取り外した際に水槽に落としてしまい
その後データが一切読み込めなくなったというお客様よりデータ復旧のご依頼をいただきました。

お客様のお住まいは北陸は福井県越前市

かつての武生市でございます。

尚この越前市は当方も過去に一度観光で訪れたことがあります。

それは猫好きには有名すぎるお寺「御誕生寺」があるからです。

それでは暫し御誕生寺の紹介をさせていただきます。

御誕生寺 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E8%AA%95%E7%94%9F%E5%AF%BA

・ ・ ・
・ ・ 




DSC_0610.jpg
猫寺で全国的に有名な御誕生寺の入口になります。
大きな地蔵様たちがお出迎えしてくださいます。

DSC_0616.jpg
お寺の入り口付近に設置されている猫の置物です。
境内にはこのように猫をモチーフにしたオブジェクトが多数設置されております。

DSC_0617.jpg
ごろんとお昼寝でしょうか?
何度見返しても毛並みが綺麗です。

DSC_0620.jpg
こちらの猫は団子状態になりスヤスヤとお眠りタイム。

DSC_0621.jpg
寝起きに大きく伸びをしている猫です。

DSC_0626.jpg
モフモフ感が堪りません。
このように様々な種類の猫たちが境内には約30匹ほどおります。

ちなみに御誕生寺の猫たち。皆首輪をしています。
またお坊さんたちの熱心な世話もあり、みな目ヤニがありませんでした。

病気がちな猫は別室に隔離し他の猫たちに病気が移らないようにするなど
猫に対する愛が並々なりません。

このようなお寺で猫たちも生活できて本当に幸せだと思います。

だからと言ってお寺に猫を捨てに行っては行けませんよ。

DSC_0629.jpg


DSC_0653.jpg


DSC_0668.jpg
アクロバティックな体勢で毛づくろい。
これなら体操競技で満点を取れること間違いなし。

DSC_0671.jpg


DSC_0677.jpg
広場にたくさんの猫たちが集まってきました。
画面には写し切れておりませんがこの他にも多数の猫たちがいるのですよ。


DSC_0703.jpg
本当に気持ちよさそうに寝ております。
近くまで寄っても全く動じる気配がありません。

DSC_0719.jpg
何かに覚醒した猫。
一体何が起きたというのでしょうか?

DSC_0732.jpg
時刻は15:30間近

広場に雨樋が設置されたら午後のエサの時間です。
雨樋が置かれた瞬間に無数の猫たちが集ってきます。

猫たちの学習能力侮れません。

DSC_0734.jpg
さぁ始まりました。
猫たちは勿論、観光客の皆様にとっても楽しみなエサの時間です。

集まった猫達はいっせいに食べ始めますが、猫のだべ食いとはよくいった物で
食べたかと思ったら口に合わないのかすぐに場を離れる猫もいるのが興味深かったです。

尚御誕生寺は餌やり禁止ですのでルールを守って猫たちと触れ合ってください。


猫寺 御誕生寺: https://ja-jp.facebook.com/gotanjouji/






さて本題に入らせていただきます。

今回お客様がお送りになられたカメラはニコンのD3400です。

IMG_0811.jpg
ニコン製一眼レフデジカメ D3400

IMG_0812_20170827012544d5d.jpg
こちらの機種は操作に不慣れな方向けに操作ガイド機能が付いているのがありがたいですね。

IMG_0813.jpg
こちらが問題のSDカードです。
ちなみに水槽に落とされてからお客様なりに一生懸命にタオルでふき取ったり、ドライヤーで乾燥させたり
されたとのことです。

水没や液零れによるトラブルで怖いのは金属部分や内部チップの腐食です。
腐食が進行いたしますとデータの復旧精度が著しく低下します。

しかし到着したSDカードは思った以上に腐食も見受けられず、状態はそれほど悪くはありませんでした。

このSDカードを分解し内部のチップを専用機器にて読み取りデータの抽出を進めていきます。

お客様からは作業料金は惜しまないとの前置きをいただいておりましたが、当店としてはそういう訳にはいきません。

作業料金、納期が判明した時点でお客様へコンタクトを取り念には念を入れ了解をいただきました。

作業開始から約半日でお客様が希望されるデータの約9割方を取り出すことに成功。

特にお急ぎではなかったのですが、機器到着の翌日にはデータを郵送で納品させていただきました。








最後にお客様へ猫好きなんですとお伝えしたところわざわざお土産を送ってくださいました。

こちらは御誕生寺で販売されているお香です。

IMG_0814.jpg

使うのが勿体ないので大事に保管しております。


参考までに今回発生した費用です。
データ復旧作業料
 (水没したSDカードのデータ復旧) 18,000円
復旧データ保存用USBメモリ(8GB) 1,000円
割引                    ‐1,000円
合計                     18,000円

また機器を当店までお送りいただければ診断・見積もりまでは無料で行わせていただきます。
※機器発送時の往復の送料のみご負担願います。

ニコン製一眼レフデジカメD3400のSDカードの水没や液零れによるトラブル、データ復旧などで困ったら
パソコン修理はPCわんだ


栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村

神奈川県小田原市 中古ノートPCの納品と設置設定作業

本日私はJR宇都宮駅におります。
これから向かう先は神奈川県小田原市

もちろん仕事としての出張です。

当初車での移動も考えたのですが一昨日は福島県のいわき市まで遠征。
運転による疲労も残っているのでは?
との会社からの判断もあり鉄道での移動を強く勧められた訳であります。

ありがたいことに鉄道移動にかかる交通費もお客様がご負担してくださるとのご厚意に
甘んじさせていただきました。

さて小田原市といえば神奈川県西部の拠点で、古くは足柄県の県庁が置かれていたぐらいです。

歴史好きの方にはなじみ深いと思いますが、かの戦国時代の北條氏の拠点でもありました。

ここで恒例のゆるキャラ紹介。
小田原市の公式ゆるキャラ 梅丸(うめまる)です。

平成元年に市制50周年を記念して誕生したキャラクターで小田原市の特産物である「梅」の
実をモチーフにしており、赤い甲冑姿は小田原合戦400年(当時)の記念にちなんだものだそうです。

uememaru.jpg

小田原市公式ゆるキャラ 梅丸: http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/topics/umemaru.html



utsunomiya_st01.jpg
JR宇都宮駅在来線ホームの行き先表示版。
乗車するのは上り列車になりますので、行き先は左手”すずめのみや”方面になります。


utsunomiya_st02.jpg
上野東京ライン
2015年に開業して早2年経ちますがもっと早く開業して欲しかったと思う路線の一つです。
湘南新宿ラインも便利ですが、東京駅側へ向かう際はこちらの方が俄然使い勝手がよいのです。

これに乗車するだけで乗り換えなしで熱海まで行けてしまう優れもの。
居眠りをして熱海まで行かぬよう注意が必要です。

幸い始発の宇都宮駅からは座席に座れるのがうれしいですね。
始発駅の特権です。





今回小田原へ向かった目的は当店お客様より神奈川県の提携工場へPCを手配して
欲しいとのオーダーをいただいたからです。

問題はPC導入にあたり1点だけ条件がございました。

搭載OSがWindows7 Pro であること。

今や量販店やWeb通販ですとWindows10搭載のPCばかりでWindows7搭載PCを探す
のは困難です。

搭載OSの条件が満たされれば中古PCでも構わないとのことでしたので手配にはそれほど
苦労せずに済みました。


手配したPC
Lenovo製 G580
こちらのモデルは2012年発売とそれほど古くない機種となります。

今回導入にあたり内部清掃および整備はしっかりと行わせていただきました。
HDDもチェックディスク、S・M・A・R・T実施で問題ないことをきちんと確認済みです。

元々はWindows7 Home Premiumがインストールされておりましたが、今回の納品に
あたり Windows Anytime Upgradeにより7 Proへアップグレード済みです。

IMG_0535.jpg
納品にあたり用意したLenovo製G580

当店ではLenovo製中古PCの導入や、修理実績が多数ありますので導入後のトラブルにも
スピーディに対応できる強みがございます。


IMG_0538.jpg
お客様からのオーダーにより同機種を4台手配させていただきました。

またOffice ソフトはMicrosoft Offcie 2016をインストール済みの構成となっております。

PCを運ぶにあたり今回は鉄道での移動となりましたので、前日に宅急便にてお客様先へ
発送の手筈を取らせていただきました。

よって当日は軽装で出張することができました。
ご協力いただきありがとうございます。


現地では納品させていただいたPCへ事務所内のLAN、メール、複合機、ラベル印字プリンター、
サーバーへの接続設定、生産管理ソフトのインストールを諸々行わせていただきました。

要した時間は約4時間。

お客様のアシストもあり滞りなく作業を終えることが叶いました。


・ ・ ・ ・
・ ・ ・
・ ・




作業も終えこのままバカ正直に帰還するのもつまらないですよね。

せっかくの小田原。

やはり小田原城は行かないと。



IMG_8582.jpg
小田原城本丸へと通じる正門となる常盤木門
防衛の拠点としての役目もあったことから他の門に比べ堅牢性が違います。

IMG_8584.jpg

小田原城常盤木門: http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/castlepark/tokiwagimon/


IMG_8591.jpg
門をくぐり坂道を進んでいくと見えてきました。
こちらが小田原城の天守閣です。

復興天守となりますが見ごたえは十分です。
白塗りの壁が美しいですね。

IMG_8596.jpg
こちらが天守閣への入口となります。

これまでにも坂道を登ってきましたがさらに過酷にも階段の洗礼が待ち構えております。
日頃の運動不足を呪いながらも歩を進めていきます。


IMG_8598.jpg
天守閣からの眺めです。
ちなみにこの先に伊豆大島があります。
あいにくの曇り空のため遠方まで見渡せんでしたが。。。


IMG_8599.jpg
同じく天守閣からの眺めです。
遠くに見えるのが相模湾、右奥が高架が西湘バイパスになります。


IMG_8603.jpg
こちらは市役所や官庁街を臨んだ光景になります。


IMG_8607.jpg
中央に見えるのがJR小田原駅になります。
丁度特急スーパービュー踊り子号が伊豆方面へ走っているのが確認できました。
小田原駅は新幹線を始め複数の鉄道事業者の路線が乗り入れていることから駅の規模は
結構大きめです。
宇都宮駅より大きいのではないでしょうか?


IMG_8612.jpg

ちなみに入館料は天守閣のみの場合500円とワンコインです。
お財布にも優しい料金設定はありがたいことです。

念願の小田原城を制覇し、違った意味で達成感の余韻にしばし浸ってしまいました。


小田原城 : http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/

帰りは疲れもあったためグリーン車利用で宇都宮へ帰還。
グリーン車と聞くと高いんでないのと思われがちですが、そこは普通列車
乗車料金に+980円で利用可能です。
しかし1点注意点があります。
座席指定が出来ないことです。

満席時でもグリーン車利用料金が掛かるため要注意です。

参考までに今回発生した費用です。
PC設置作業(4時間)      25,200円
(PC4台の設置設定)  
他PCからのデータ移行 X4  12,960円 
遠方交通費            8,400円
別途鉄道旅費         7,000円
割引               -8,560円     
合計 45,000円
※納品したPC4台の品代は別途請求。


神奈川県小田原市、西湘地区でPC一括導入、中古PCの手配、保守、運用管理などで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村
プロフィール

栃木県宇都宮市も出張サポート・パソコンの修理屋PCわんだ

Author:栃木県宇都宮市も出張サポート・パソコンの修理屋PCわんだ
こんにちわ!
宇都宮市のパソコンの何でもやさんです。
パソコン修理・設定・販売・保守・解体まで何でもオマカセ!!
特技はネットワーク構築・サーバ構築・データ復旧です。
24時間年中無休の私ですが、定期的にブログを更新していきますね
宇都宮市のパソコン修理はPCわんだ

最近のコメント
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。