スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起動しないMacBook Pro 2500/13 MD101J/A HDD用SATAケーブルの交換修理

Windows10の無料アップグレードやロールバックトラブルで今年の夏は良くも悪くもWindowsの話題一色でしたが
Macをご利用のお客様も増えているようで当店への問い合わせ件数も今年は最高数を記録いたしました。

そんな中Macbook Proをご利用のお客様より問い合わせをいただきました。

お客様は神奈川県横浜市にお住まいでご利用のPCは2012年製のMacbook Pro 2500/13

型式は MD101J/A

SSDではなく、HDDを搭載したモデルになります。

お客様曰く
「突如起動できなくなり、電源を入れてもグレー画面の後リンゴマークで止まってしまう。」

とのことでした。

一度地元の修理屋さんへ依頼をされたとのことでしたが、
『HDDの故障』
という診断結果に納得できず修理を見合わせた経緯がございます。

何でもお客様自身趣味で自作パソコンを組まれるようで、今回Macbook Proが起動できなくなった際に
内蔵のHDDを取り外し他PCへ接続しセルフテストを行ってみたとのこと。

その結果内蔵のHDDには物理的にも論理的にも障害が無いことが判明したため
今回の他業者様の診断結果が腑に落ちなかったそうです。

これらの経緯を念頭に当店ではより詳細に診断を行わせていただきます。

機器は遠方にお住まいですので郵送で送っていただきました。
※機器発送時の往復の送料はお客様負担となります。

とにかくお客様の希望としては
①故障箇所の特定
②修理金額
③納期
の3点、中でも上記①を早急に調べて欲しいと強いリクエストをいただきました。

到着後早速機器の初期診断を行いました。

さすがお客様は自作パソコンを組まれたことがあるだけにHDDの診断結果に狂いはありませんでした。
当店での診断でも同様に異常は無しでございます。

こうなると次に疑わしいのは
①ロジックボード(基盤)
②ケーブル系統

流石にロジックボードの故障ですと費用も
納期も大幅に増してしまうためそうでないことを願うばかりです。

次に実施したのは検証のしやすい上記②のケーブル系統の診断です。

内蔵HDDは他PC(Mac)では問題なく認識され、USB接続でMacOSの
起動まで確認できましたのでロジックボードとHDDとを接続している
SATAケーブルの不良、断線が非常に疑わしいとメスを入れてみました。

さて調査の結果どうでしょう?

・・・・はいSATAケーブルに異常があることが判明しました。

念の為診断を行ったロジックボードには異常は無く最悪のケースを免れたことで
お客様へ状況報告を。

参考までにこのSATAケーブルは国内にて手配可能です。

よって修理費用も納期も下げることができました。

勿論ケーブルの交換ですのでHDD内のデータが消えることもありません。

お客様からは素早い原因究明と予想よりも安い修理費に正式に
修理続行のGoサインをいただきました。

IMG_2077_20160923233005fbf.jpg
本体裏側のカバーを外し、HDDまで取り外したところです。
尚取り外したHDDはお客様の申告通り異常は見受けられませんでした。


IMG_2078_20160923233006f59.jpg
ズームしたところです。
MacbookのSATAケーブルは大変薄く、雑に扱うとケーブルにダメージを
与えますので扱いには最新の注意が必要です。

診断の結果このSATAケーブルに異常があることが判明。
全く電気信号が流れておりません。

IMG_2079_20160923233007310.jpg
メーカーから取り寄せましたMacbook専用のSATAケーブルです。
もちろん新品未使用品ですので、保障もばっちりです。

IMG_4535.jpg
ケーブル交換後無事MacOSが起動できました。
MacOSは最新のEl Capitanがインストールされておりました。

機器到着から中3日でご返却まで漕ぎ着けることができ、
お客様からもお褒めの言葉をいただきました。
この感謝のお気持ちが私どもサポートスタッフの糧となり
次のサポートも俄然やる気になります。

参考までに今回発生した費用です。
基本作業料          4,200円
交換用SATAケーブル代 5,400円
合計          9,600円
※機器発送時の往復の送料はお客様負担となります。

起動しない通電しないMacbook、Macbook Pro、Macbook Airなどのトラブルで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村
スポンサーサイト

富士通製サーバーPC PRIMERGY TX100 S3 起動できないトラブル

栃木県足利市で歯科医院を経営するお客様よりパソコンが起動できないとご連絡をいただきました。

患者様の診療データ(カルテなど)、レントゲン写真などが保存されており起動できないと
業務に大きな支障が出るとのことで大変お困りのご様子でした。

当日は午前のスケジュールがあいにく塞がっておりましたが、
何とかスケジュールを調整した結果お客様が強く希望されるAM中に出張にて
緊急対応させていただく運びとなりました。
※当店は即日対応であっても緊急料金など頂戴しておりません。ご安心ください。

さて現地へ駆け付け問題のPCの所在を確認します。

ご利用のPCは富士通のサーバーPC PRIMERGY TX100 S3です。

CPUにIntelのXeonプロセッサーを搭載した処理能力にも長けたマシンです。

IMG_4096.jpg
富士通の誇るサーバーPC PRIMERGY TX100 シリーズの本体部です。

IMG_4097.jpg
サイドのカバーを外すと内部の状況が簡単に確認することができます。
この機種はドライバーレスでカバーを開けることができるのでメンテナンスやパーツ交換が容易です。
すべてのPCがこうだとありがたいのですがね。。

IMG_4095.jpg
診断の結果内蔵メモリの不良であることが判明。
すぐに該当パーツを取り外し、代替えメモリへと交換します。
ちなみにメモリーの仕様はDDR3-SDRAM(PC3-10600) でした。

primagy-03.jpg
メモリ交換後、恐る恐る電源を投入。
・・・結果・・・無事起動に成功することができました。

もちろんメモリの交換ですのでデータや環境設定などが消失することはありませんので
ご安心ください。

お客様にも喜んでいただけたようで、当方としましてもパソコンサポート業をやっていて
よかったと思う瞬間です。

参考までに今回発生した費用です。
基本作業料       6,300円
交換用メモリ機器代 6,800円
合計          13,100円
※今回はたまたま在庫を用意していたため即日メモリ交換が
 行えましたがお使いのPCのモデルによってはメモリの入手までに
 お時間を要することもございます。

富士通製の起動できないパソコン、Windows Server搭載PC PRIMERGYシリーズなどのトラブルで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村

Windows7 搭載PCでWindows Update ができないトラブル。ずっ~と更新を確認しています。。

無料アップグレード期間が終了し早一か月が過ぎようとしておりますが
Windows10には無事アップグレードされましたでしょうか?

いやこのままWindows7を使い倒してやる!

と中には反骨精神露わに意気込んでいる方もいらっしゃるかと思います。

当方の周辺だけでもWindows10へのアップグレードを見送った者、
アップグレードしたものの結局元のWindows8.1へロールバックした者
多数おります。

旧OSとなるWindows7ですが、今後もWindows Update を行うことは問題ありません。

そんなWindows7ですが宮城県仙台市にお住いのお客様より修理依頼をいただきました。

お客様曰く
「PCの調子が悪くリカバリーを行ったもののWindows Updateができない」
「Update 実施から丸一日経過しても終わる気配もない、更新を確認していますの表示のまま」
「Windows Updateが行えないとセキュリティ上不安である」
という内容でした。


kb3138612a.jpg
「更新プログラムの確認」を選択し、Windows Updateを進めていきます。 

Winupdate1.jpg
しかしながら「更新を確認しています」の表示のまま待てど暮らせど先に進む気配は微塵もありません。

一見Windows10にしなかったことに対するMicrosoft社の嫌がらせか?
と勘ぐってしまいますが決してそのようなことはございません。

2016年以降再セットアップやリカバリー直後のWindows7、8.1に対して
Windows Updateにかなりの時間を要する現象が実際問題多々起きております。

現に当店でも再セットアップやリカバリー直後のWindows Updateで
「更新を確認しています」状態から先に進むまでにPCによっては
10時間近く掛かったという経験もあります。

この「更新を確認しています」ですが、PCのスペックにかなり左右されることが
分かっています。

またUpdate実施前のPCに組み込まれているUpdate Clientのバージョン
が古くても時間を要する結果になるようです。

そこで次のような回避策を行うことで「更新を確認しています」のループ状態から
スムーズに抜け出すことが可能です。

対処法①:Windows Update Client の最新版を先に導入する
→2016年8月17日現在におけるUpdate Clientの最新ファイルは
  3161647 です。これは KB3172605 に含まれています。
 
対処法②:KB3177725 を導入で更新時間の大幅な短縮が可能に
→2016年8月10日以降WindowsUpdateが進まない場合はKB3177725を導入することで
 更新時間を大幅に短縮することが可能になります。
 平均3時間弱要していた更新確認時間が20分以下にぐっと短縮されました。
※これは長期間Windows Updateを行わなかった場合も有効です。

対処法③:Windows Update コンポーネントのリセット
→今回のような再セットアップやリカバリー直後は該当しませんが
 長らく使用していたPCや長期間Updasteを実施していなかったPCでは有効のようです。
 Windows Updateコンポーネントの手動リセット
 ※レジストリなどに手を加えますので万が一に備え重要なデータのバックアップなどを取られることを推奨いたします。

今回は上記の対処法①②を実施することでスムーズにWindows Updateが走るようになりました。

参考までに今回発生した費用です。
基本作業料      4,200円
合計          4,200円
※郵送修理受付時の金額です。
※機器発送時の往復の送料はお客様負担となります。

Windows7、Windows8.1の再セットアップ、リカバリー、WindowsUpdateなどのトラブルで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村

Buffalo製NAS TerasSation TS5200D 障害報告メール通知設定

皆様、社内のデータをどのように保存管理されていらっしゃいますか?

ここ最近で価格が下がってきたNAS(ネットワーク対応HDD)の導入を始める
お客様が中小企業、個人事業主様まで結構な割合で増えてきました。

そのほとんどのお客様で折角のNASの機能を生かし切れていないのが実情です。

調査の結果、例外なくデータのバックアップまでされているお客様はごく少数でございました。

そしてNASの中でも大きなシェアを占めるBuffalo製のLinkStation、TeraStationですが、
NAS本体の異常を検知した際に障害報告を指定したメールアドレス宛てに配信する機能を
有しておりますがこれも残念ながら活用されている方はほとんどいらっしゃいませんでした。

今回はこのBuffalo製のNAS TeraStation TS5200D をご利用のお客様より運用の見直しについて
ご相談いただきました。

ts5400a.jpg

2012年に機器を購入し約3年弱問題なく運用できているとのことですが、年数も経過しているため
データの保護とメンテナンスについて改めて重要視されたいとの申し入れでございました。

現状社内各クライアントPCのデータを1台のTeraStationへ集中的に保存しておりますが、
肝心のTeraStationのバックアップを取っていないそうです。

幾らTeraStationがRaid1構成であるといえど機器本体に異常が生じてはデータが格納されている
HDDへアクセスすることが叶いません。

当店からはTeraStationの背面USBポートにUSBタイプの外付けHDDを増設し
そこへTeraStation内のデータを定期的にバックアップしてみてはとご提案してみました。
コストもHDDを一台追加するのみですので費用対効果が大きいと判断いたしました。

次にTeraStation本体のメンテナンスについてですが機器が異常を検知した際に
指定メールアドレス宛てにレポートを送信する機能があることをご存じでない方が
多くいらっしゃいます。

実はコレそれほど難しい設定ではありませんし、大変便利な機能なんです。
当方も自宅で使用しているLinkStationにはこの機能を設定し活用しております。

【メール送信で通知される内容】
・指定した時刻にハードディスクやRaidの状態を送信、バックアップ完了のお知らせ
・冷却ファンの異常発生時の連絡
・ハードディスクの異常発生時の連絡
といった内容になります。

送信先のメールアドレスをGmailなどに設定すれば出先でも機器の異常を察知でき
早い段階でメンテナンスを実施することが可能です。

人間の病気もそうですが、早期発見が早期解決につながることが多いのです。

ts5400b.jpg
TeraStationのメール送信機能は管理メニューから行うことが可能です。

ts5400c.jpg
検知メールを送信するにあたり送信メールサーバーなどの設定が必要となります。
ここはGmailの送信メールサーバーの力を借りて設定した方がすんなりと通ります。
他メールサーバーでも可能ですがGmailが一番おすすめです。

次にNASを24時間フル稼働状態で運用されている方がほとんどだと思いますが
スリープタイマー機能を活用することで業務時間外や休日などはTeraStationを休ませることが
できます。

TeraStationも一従業員と捉え定期的な休暇を与えた方が内部部品の経年劣化などを軽減できます。

ts5400d.jpg
スリープタイマー機能も管理メニューより設定することが可能です。
ルールを複数設定できますので曜日や時間帯によって使い分けが効くのです。

以上3点の見直しをお客様へご提案および設定の見直しをさせていただきました。

参考までに今回発生した費用です。
基本作業料     6,300円
リピート割引    ‐1,000円
合計          5,300円
※1時間以内の作業時の金額です。
※バックアップ用の外付けHDDはお客様にてご用意のため代金は請求しておりません。

Buffalo製NAS TeraStation、LinkStation、各社NASの設定やトラブルなどで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村

東芝製ノートPC PN51/V Office2016のライセンス認証トラブル

最近パソコンを購入されたお客様よりトラブルのご相談をいただきました。

購入されたPCは2016年夏モデルの東芝製ノートPC PN51/V です。

Windows10、Microsoft Office 2016搭載の最新パソコンです。

お客様は過去にセットアップの実績があるため今回も同様ご自身で行ったそうです。
MSカウントの登録はどうにかできた。
しかしその後Office2016のライセンス認証がなされないというトラブルに見舞われてしまったそうです。

PCを初期化しても変わらず、初期不良も疑ったようですがお手上げで当店までご相談というのが経緯です。

お客様のお住まいは栃木県大田原市の旧黒羽地区です。

宇都宮市内の他業者様ですと出張をお断りしたり特別料金を請求したりと
しておりますが当店は県最北部の那須町や奥日光地区でも特別に出張料などは
ご請求いたしませんのでご安心ください。

幸い当日は午後のスケジュールに空きが生じておりましたのでお客様の希望に合わせ即日対応。

さて今回の問題。
2016年にリリースされた一部の東芝製ノートパソコンで発生しているトラブルのようです。

現に当店でも既に同様のトラブルに関するご相談やサポート依頼を何度かいただいております。

office2016v.jpg
一部の東芝製PCでライセンス認証のトラブルを起こしているOffice2016

office2016a.jpg
コントロールパネル→プラグラム→プログラムと機能
と進めていき 「Microsoft Office 2016 Home&Bussines 」を選択し 「変更」を実施。

その後の画面で 「クイック修復」を行います。

office2016b.jpg
クイック修復は少し時間が掛かります。
気長に待ちましょう。

待つこと約5分弱で修復が完了。

その後Office2016のWord2016、Excel2016のファイル→ヘルプからライセンスの認証状況
を確認します。

問題なくしっかりと 「ライセンス認証されています」の表記があることが確認できました。

その他Office2013でも調子が悪い際には今回実施した 「クイック修復」
それでも改善されない場合は更に時間を要しますが「オンライン修復」
が有効です。

参考までに今回発生した費用です。
基本作業料     6,300円
トチナビ割引    ‐1,000円
合計          5,300円

東芝製ノートPCや、Windows10、Office2016搭載PCの設定やトラブルなどで困ったら
パソコン修理はPCわんだ

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ


にほんブログ村
プロフィール

栃木県宇都宮市も出張サポート・パソコンの修理屋PCわんだ

Author:栃木県宇都宮市も出張サポート・パソコンの修理屋PCわんだ
こんにちわ!
宇都宮市のパソコンの何でもやさんです。
パソコン修理・設定・販売・保守・解体まで何でもオマカセ!!
特技はネットワーク構築・サーバ構築・データ復旧です。
24時間年中無休の私ですが、定期的にブログを更新していきますね
宇都宮市のパソコン修理はPCわんだ

最近のコメント
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。